蜂の子に期待できるうつ病への効果とは?

ストレス社会とも呼ばれる現代では、うつ病など精神疾患の患者が増加傾向にあります。 蜂の子は、古くから様々な病気に効果が期待できる食品として扱われていましたが、実はうつ病のような精神疾患にも効果があるといわれているのです。ここでは、蜂の子のうつ病への効果についてご紹介します。

うつ病は生活に支障をきたす精神疾患

うつ病では、気分が沈んだり物事に対する関心がなくなったりします。また、不眠や食欲不振、肩こりや頭痛など全身に様々な症状が現れることもあるのです。これらの症状によって、日常生活に支障をきたすことも珍しくありません。

蜂の子でうつ病の症状の緩和が期待できる

蜂の子を摂ることで、うつ病の症状を和らげられる可能性があります。うつ病は、ストレスを受けたときに分泌されるコルチゾールが分泌され続けることでリスクが上がると考えられています。蜂の子には、このコルチゾールの血中濃度を下げる働きがあるといわれているため、うつ病の改善に役立つ可能性があるのです。

また、ストレスによって自律神経が乱れることで分泌されるアドレナリンもうつ病に関わっているといわれています。実は、蜂の子にはストレスを和らげる働きもあるのです。蜂の子に含まれているトリプトファンは、体内に吸収されると、脳内でセロトニンという物質へと変化します。このセロトニンがストレスを和らげてくれるのです。

うつ病の悪循環を断てる

うつ病の症状である不眠は、ストレスを強くすることでうつ病の悪化を招きます。症状が悪化すると、ますます不眠になり、うつ病がさらに悪化するという悪循環に陥るのです。蜂の子には、このような悪循環を断つ働きが期待できます。

ストレスを和らげるセロトニンは、良質な睡眠へと誘うメラトニンという物質を作り出します。そのため、「良質な睡眠」と「セロトニンの効果」の2つの面からうつ病に効果が期待できるのです。

うつ病に効果が期待できるビタミンB群が含まれている

ビタミンB群が不足すると、神経伝達に支障をきたして睡眠の状態が悪くなります。また、アルコールの分解にもビタミンB群が必要であるため、寝られないからと言って就寝前にお酒を飲むと、ますます睡眠の質が低下するのです。

逆に、ビタミンB群を十分に摂ることで、神経伝達の正常化が期待できます。蜂の子には、ビタミンB6やB12が豊富に含まれているため、うつ病対策として効果的と考えられます。

まとめ

ストレスの原因がある場合には、その原因を断つ必要があります。原因を断つことで、うつ病が悪化し続けている状況を改善できるでしょう。そして、蜂の子を摂ってストレスや不眠に対処することで、うつ病の辛い症状を少しでも抑えることが大切です。しかし、蜂の子を毎日摂り続けることは難しい方もいるでしょう。サプリなら、蜂の子の味や見た目を気にすることなく摂り続けられます。

引用元
蜂の子は鬱病にも効く!
https://www.sazoo-aq.org/index2.html
うつに効く!蜂の子でセロトニンを増やそう
http://net.lomo.jp/bzsh/
「幸せホルモン」を増やしうつ病に効果がある蜂の子
https://www.charlestonwine.com/winestock/
蜂の子がうつに効く
http://bihorokokuho.main.jp/oshirase.html