名産地はどこ?蜂の子がよく食べられている地域とは

蜂の子は、その見た目から日常的に食べるものではないとのイメージを持つ方もいるでしょう。しかし、蜂の子を昔から食べており、蜂の子が食生活に溶け込んでいる地域もあります。また、日本だけではなく、海外でも蜂の子を食べる国があるのです。どのような地域で蜂の子がよく食べられているのか、名産地や地域ごとの調理法についてご紹介します。

蜂の子を食べる国と地域

蜂の子は貴重なタンパク源として古くから食べられていました。日本では、長野県や岐阜県、愛知県などの山間部の他、埼玉県や鹿児島県、岡山県などで親しまれています。特に、長野県と岐阜県、愛知県は名産地として知られており、それぞれの地域では蜂の子を使った伝統的な郷土料理を食べることができます。

蜂の子を食べる習慣がある国

蜂の子は、中国やタイ、ルーマニア、エクアドル、メキシコなどで食べられています。中国においては、様々な病気に効果がある食品として古くから食べられてきました。ある書物では、蜂の子が衰弱している人に元気を与える食物として扱われています。

また、ルーマニアでは、アピセラピーというミツバチ由来のものを使った治療にも使用されているなど、ただのタンパク源としてではなく薬としても重宝されています。

日本の蜂の子の食べ方

日本の各地域では、次のようにして蜂の子が食べられています。

長野県

佃煮や甘露煮

愛知県

炊き込みご飯(へぼ飯)や押し寿司、箱寿司、五平餅など

岐阜県

甘露煮など

埼玉県

しょう油や味噌味で炭火焼き

鹿児島県

煮込み料理

岡山県

生食や煮つけ、しょう油で味をつける

このように、蜂の子には様々な食べ方があり、主に佃煮や甘露煮などにして食べられることが多いようです。

蜂の子の郷土料理はどこで食べられる?

蜂の子の郷土料理は、各地域の飲食店で食べることができます。箱寿司や押し寿司は、地元の寿司店で提供していることもあります。

通販を利用するのがおすすめ

蜂の子の佃煮や甘露煮などは、瓶詰めで販売されています。通販サイトからも購入できるので、わざわざ地域へと出向くことなく蜂の子を楽しめます。ただし、箱寿司や押し寿司などは通販サイトで購入することはできません。

まとめ

蜂の子は、日本だけではなく世界中でも食べられており、食用の他に薬としても扱われています。蜂の子を使った郷土料理を楽しみたい方は、通販を利用するとよいでしょう。ただし、佃煮や甘露煮などは一度にたくさん食べられるものではありません。栄養豊富だから蜂の子を食べたいという場合には、サプリを利用するのがおすすめです。