好き嫌いが分かれる?蜂の子はどんな味?

蜂の子は蜂の幼虫や蛹のことなので、昆虫を食べていることになります。古くから食べられてきたため、少なくとも人が食べられる味ではあるでしょう。蜂の子はどんな味なのかご紹介します。

蜂の子は独特の風味がある

蜂の子を好んで食べる人がいますが、それは蜂の子にしかない独特の風味があるためのようです。山間部を中心とした様々な地域で古くから親しまれてきており、昭和天皇も蜂の子が好物だったとも言われています。いわゆる「珍味」と呼ばれる部類の味で、具体的に味を表現することは難しいのです。

蛋白でクセのない味

蜂の子は昆虫に属するので、少なくとも美味しいイメージを持たれないことが多いです。しかし、実際のところは蛋白でクセのない味との声がよくみられます。蜂の子は古くから貴重な蛋白源として重宝されてきたように、タンパク質をはじめとした各種栄養素が豊富に含まれています。

長く親しまれてきたのには、食べやすく美味しく感じることもあるためだと考えられます。

生で食べると甘いとの声もある

蜂の子を生で食べると甘いとの声があります。強い甘みではなく、ほどよく甘さを感じるとのことなので、クセになる方もいるかもしれません。ただし、徹底した衛生管理の元で採取されたものでなければ生食はできません。また、殺虫剤を使って採取されたものなど、人体に何らかの悪影響を及ぼす可能性があるものは生食を避けた方がよいでしょう。

蜂の子の種類によってはクセがある

オオスズメバチやクロスズメバチのように昆虫を餌にしている蜂の子の場合は、味にクセがあるとの声が多いです。ただし、全ての蜂の子がクセのある味な訳ではありません。内臓が黒く透けているものはクセがあるとの声があるので、実際に食べるときに味を比べてみるとよいでしょう。

ミツバチは蜂蜜と花粉が主食であるため、味にクセがないとの声が多いです。

調理をしてもクセが残る

蜂の子には、甘露煮やバター炒め、唐揚げ、佃煮など様々な食べ方があります。いずれも味が濃くついているものですが、それでもクセが残るという声があります。このような味のクセを含めて蜂の子を好きになれる方とそうではない方がいます。やはり、継続的に蜂の子を食べるのであれ、サプリで摂るのがおすすめです。

まとめ

蜂の子は独特な風味があり、ミツバチ由来のものは生で食べると甘味があるとの意見が多いです。味の感じ方は人それぞれなので、好き嫌いが分かれます。蜂の子に含まれる豊富な栄養を摂りたい方は、サプリを利用した方がいいでしょう。

引用元
蜂の子が気持ち悪いと感じる人でも食べられる方法は?
http://usakara.giv.jp/p01/karaageshop.html
蜂の子はどんな味?
https://www.turkey-now.org/kiji54.html
蜂の子はうまいのか
http://jinjutsu.jpn.org/taste.html
蜂の子とご飯を組み合わせた、さまざまなメニュー
https://www.iomlondon.org/varrp.htm
蜂の子はまずい?蜂の子が好きな人、嫌いな人ににわかれる理由
https://www.familyrightsassociation.com/bin/brochures/family_survival/